読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもどこかに痛みを感じるバイオリン弾きのためのブログ

アレクサンダー・テクニークでラクになる日々

腕の力がないので楽器が下がってきちゃう…どうしたらいいの?

午前のクラスのあと
お昼ご飯に入ったお蕎麦屋さんで
クラスメイトに会いました。

こんにちは!Miyukiです。

ボディチャンス新宿スタジオの隣には
美味しいお蕎麦屋さんがあって
誰かしらに会うことが多いです(笑)

お嬢さんがバイオリンを習っていて
構え方に悩んでいる、というお話になりました。

「腕の力がないので楽器が下がってきちゃうんです。
でも『下がってきたから上げなさい』
と言われるのがイヤなようで
言うと反抗してもっと下げるんです。
本人も、弾きづらいことは分かっているんですが…」

バイオリン自体は好きで
もっと弾けるようになりたいと思っているのだそうです。

…それはもったいない!

提案したのは
「楽器を上げる」の代わりに試せるプラン。

バイオリンが置ける棚をどこで作れるかな?
鎖骨と肩甲骨が一緒に動いて作れるよ」

「棚は肋骨が支えてくれるので
弓は肋骨を弾くと思ってみたら?」

・・・というのはどうでしょう?

(もっと詳しく知りたい方はこちら


このプランは
自分がとっても気に入って使っていて
人に教えて上手く行った経験もあったのと

普段のレッスンで聞いたことのないような
面白い表現だったら
「なんだそれ?」と思ってやってくれるかしら?
という理由から提案しました。


早速試してくださった感想は
「一転してよい方向に変わりました♪」
とのこと。

「言われたくないことじゃなく
思っても見ないことを言われたので
素直にやってくれました!
で、やりやすかったみたいで、
持ち方がよくなりました(^-^)」

小さなバイオリン弾きさんのお役に立てて
嬉しいです♪
佐和子さん、ありがとうございました!