いつもどこかに痛みを感じるバイオリン弾きのためのブログ

アレクサンダー・テクニークでラクになる日々

調律の狂ったピアノが教えてくれたこと

「音楽のストーリーがあれば
ひとつの音がはずれても
気にならない」

それを文字通り証明できる機会が訪れました。
合宿所にあったピアノが
長いこと調律されていない
正しく弾きようがないピアノだったのです!

バイオリン弾きさんとのレッスンで
狂ったチューニングで演奏する体験を
提案したことさえあるキャシー先生にとって
それは夢のピアノ。(笑)

演奏を始める前のピアニストさんに
聴衆を見渡してもらった後で
先生はこう提案しました。

「鍵盤に向かうとき
私たちを旅路に連れて行くって決めて」

奏でられた曲は
音は外れまくっていたのだけれど
惹きつけられるものがありました。
美しさがありました。

「聴衆はストーリーを聞きに来ている」とは
チェリストでもあるビビアン・マッキー先生の言葉。
それを実感できるレッスンでした。

ホール全体に音を届けたい!

「音が届いてないんじゃないかと不安で」
というフルート吹きさんのレッスン。

聴衆の存在が音楽を育んでくれる…
そんな演奏ができるように
準備しておけることは何でしょう?

キャシー先生は
役者としてのご自身の経験から
こんな提案をしてくださいました。

ホール全体を、くまなく歩く。
客席も、縫うように。塗りつぶすように。
そうすることで
ホールの大きさの情報を
自分全体に与えることができる。


レッスンルームでも、やってみました。

面白かったのは
「じゃあ今度はドアを開けて
あっちの廊下の先まで
ホールだってことにしましょう」
という実験をしたときで

向こうの方まで
くまなく歩いて戻ってきた後の演奏は
明らかに、大きなスペースに適した音量に
変化していたのです。

本番前にホールを歩き回ることが
物理的に難しければ
見るだけでも、情報収集はできるそうです。

必要な情報と意図があるだけで
こんなに違うものなんですね。
興味があったら試してみてください♪

"I fiil the space with me."
場を私で満たしておくの
(Cathy Madden)

 

外から聞こえてくる音が気になるとき

音楽スタジオで授業を受けていたときのことです。

下の階からラフマニノフの2番のフレーズが
聞こえてきました。

同じところを繰り返し演奏するのは
レッスンの構造上そういうもんだと
わかってはいるのだけれど

過去に演奏したことがあって
良く知っている曲なので
聞こえてくるたびにそっちに意識が
持って行かれてしまって
集中を保てず、困っていました。

それをその場で相談。
(授業では、そういうのもアリです)

そんなときは
「自分の立場を強く感じられる物語を
見つける」!

「私は注意散漫になっている」
と思っていると
ガッカリとイライラが増していくけれど

「ランダムな刺激に負けない訓練中!」
とか
「今、前頭前野を鍛えています!」
とか思えたら
刺激にただ反応する代わりに
自分の行動を主体的に選択できます。

(ちなみに前頭前野は意志力を司る脳の部分で
瞑想で鍛えられるそうです)

教えていただいたおかげで
「私のスキルアップのために
むしろ聞こえてきてほしい」
ぐらいの気持ちの変化が。

実際聞こえてきた時も
全然大丈夫になりました♪
めでたしめでたし。

「調和させよう」として、崩壊したら。

こんにちは!Miyukiです。

三重奏のコーチを引き受けたキャシー先生。

とても複雑な曲で
演奏者は3人とも競争心が強く
合わせるたび、崩壊していたのだそうです。

そこでキャシー先生が提案したプランは
「他の2人から逃げ切って!!」

結果、演奏がまとまって
すばらしいものになり
「こんなすごいものを聴いて
お金がもらえるなんて、いいな♪」
と思ったそうです。(笑)


時として、旋律同士を戦わせていい。
そうすることで、音楽がダイナミックになる。

演奏者の現実とマッチしていることを
先生は見抜いたのですね。

調和を目指すための、意外な方法でした。

登場人物を生きる

カルメン、ホセが来てるの。逃げて!」

歌い手さんのレッスンが
とっても印象に残っています。

こんにちは!Miyukiです。

「ひとこと言っただけでも
カルメンは逃げてくれる」

この提案で、音楽がガラリと変わりました。

舞台芸術のエキスパート
キャシー先生の解説です:

「それぞれの登場人物が
それぞれの望みのために戦っているけれど
プロットがそれに応えるとは限らない」

「一人一人がそれぞれ
欲しい物のために戦う
そうすることで、曲の全体像が現れる」

なるほど。
カルメンの命を救う」という動詞が
明確になったから
キャラクターが生き生きし始めたのですね。

結末を知りながら
舞台でその人物を生きる役者さんの
すごさを垣間見た瞬間でした。

広告を非表示にする

学びの4つの段階~実践編

こんにちは!Miyukiです。

先日の
「みんなで逆アレクサンダーをやってみよう」
から体験したことを

『学びの4つの段階』に当てはめてみました。

体験:
手順を説明し始めたら
身体が後ろに行った


気づき:
きちんと説明せねば!と思ってた

→その気づきを元に
 説明し始める時に
 自分の使い方を考えよう


洞察:
正しく説明できなくても
予期せぬ反応を楽しめる。
体験してもらいたいことに
みんなをお誘いできる。


自己理解:
何が起こるかわからないレッスンを
楽しみたい!
そういうふうに教えたい!!


…学びがめっちゃ深まりました。

 


もしこのレッスンで私が
「説明する時、身体が後ろに行く」
という体験だけを持ち帰ってしまうと

「後ろに行かないようにしよう」
ということを目指してしまって
あんまり上手く行かないのでは
と推測します。

トミー先生も
「体験は繰り返せない。
学んだことに注目してほしい」
とおっしゃっていました。

気づきや洞察や自己理解という
「体験から学んだこと」を持ち帰れば
それを元に、次やってみるときの選択肢を
考えることができます。

そして、自分の可能性に気づいたり
自分のことがもっとわかるようになるのは
ワクワクするし、素敵です。

学びの場では、そういうことが起きてほしい
(↑自己理解)。


☆「4つの段階」について詳しくはこちら↓

vnmiyuki.hatenablog.com

指示通りにいかない面白さ

学校教員をしていた頃
指示が一回で通るように
それはそれは気を配って準備していました。

こんにちは!Miyukiです。

きっちり説明して
言ったこと以外、起きないように。
そうすることで
短時間でたくさんのことを
スムーズにやれるように。

でもその日は
指示通りいかなくても
面白いかもしれないよ?
という体験ができました。

「みんなで逆アレクサンダーをやってみよう」
というエクササイズを
リードさせてもらった時のことです。

あるクラスメイトが
「言われたことを、あえてやりませんでした。
そうしたら、こんな体験ができました」
とコメントしてくれたのです。

「なんでちゃんとやってくれないんだ…」
と思うこともできる場面で私は

「へぇ~、面白い!!ありがとう」
と思ったし、言いました。

予期せぬことが起きたのを面白がれるのは
ボディチャンスで学んだことかな?

…いや。
たぶん、元々そういう私もいたんだな。

そしてこれからは、どちらも選べます。
よかったよかった♪