読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもどこかに痛みを感じるバイオリン弾きのためのブログ

アレクサンダー・テクニークでラクになる日々

長距離バスでラクに座る方法

日常の動作

遠方から通っているクラスメイトの
切実な相談がきっかけで

長く座るのがラクになる
アイディアをもらいました♪

こんにちは!Miyukiです。

手順はこちら:

1.座面&背もたれと協力するために
  頭が動けて自分全体がついてって

2.お尻と腿ウラの筋肉を使って
  背もたれに沿う

3.背もたれについたら
  そこから上は前方へ


1.はアレクサンダーの基本。

2.のお尻と腿ウラの筋肉は
寄りかかる動きをするのに働く
メインキャスト。

このとき、背中が丸まり気味でもOKです。
背もたれのカーブに沿うことで
座面+背もたれも体重を支えてくれます。

3.についての由香先生の解説は
「座面も、当たったらそこからは上でしょ?
さらに下に押さないでしょ?」

…確かに。


さて、私が気に入っているのは
3.背もたれについたら
  そこから上は前方へ
です。

今までは、背もたれがないところも
そっち方向に寄りかかろうとしていたから
大変だったんだと思います。

「さらに寄りかかる代わりに
前方へ」と思うことで
首や背中のツラさが解消されました!

おさらい。:

1.座面&背もたれと協力するために
  頭が動けて自分全体がついてって

2.お尻と腿ウラの筋肉を使って
  背もたれに沿う

3.背もたれについたら
  そこから上は前方へ

長距離バスはもちろん
新幹線や車でも使えそうですね♪