読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもどこかに痛みを感じるバイオリン弾きのためのブログ

アレクサンダー・テクニークでラクになる日々

右手小指のツッパリ解消!弓の持ち方をアップデート

弓を支えようと
つい頑張ってしまう小指のために
あえて手を「見る」ことが役に立ちました。

こんにちは!バイオリンのMiyukiです。

弓を持ち、手の甲側からみたのでは

指のどのあたりで弓に触れているのか?
指はどのくらい曲がっているのか?
力加減はどのくらい?

…謎がいっぱい。

そんなときは
手のひら側から眺めてみましょう。

これなら、一目瞭然。
このあたりで持てば支えられるんだな
という位置が、目で確認できます。

弓の重さも感じるられます。
そんなに重たいものじゃないですよね。
ぎゅーっと握るのをやめられました。

握る時は、親指が他のどの指とも
向かい合わせになれるしくみを
思い出しつつ。

そして小指を置いて
小指だけの力でどのくらい弓が動くか
試してみます。

結果は、ほんの少し。
小指の役割は微調整!と実感できます。

小指だけで頑張らなくてもよくなって
とってもラクに弾けるようになりました!


さてこれは、バイオリンの先生に
教えていただいたやり方なのですが

アレクサンダーの視点からまとめると
・わからなくなったら、見てみよう。
・固まってるかな?と思ったら、動かしてみよう。

と言えそうです。

色々な持ち方で遊んでみると
新たな発見があるかもしれませんね♪