読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもどこかに痛みを感じるバイオリン弾きのためのブログ

アレクサンダー・テクニークでラクになる日々

ミスしても音楽しつづけられるヒント。~チューニングを狂わせて弾いてみた!

ミスしても音楽し続けられる 実践レポート

先日ご紹介したアイディア、それは
本当に間違えたっていい!と体験するために
チューニングを狂わせて弾いてみる、というもの。

試してみました♪

こんにちは!バイオリンのMiyukiです。

だってその日は絶不調。
抜け出すヒントが欲しくて。
ていうかヤケになって、とも言う…。

全部のペグを思いっきり回して、準備OK。

弾いてみると…かなり笑える感じになりました(^^;

チューニングが合っているって
なんて素晴らしいことなのでしょう!
感謝の気持ちさえ湧いてきます(笑)

その後、ちゃんと元に戻してから弾いてみると。
不思議なことに、音程の精度が上がりました。
弦同士の共鳴がより強く感じられます。

なぜ?

笑ったのが、よかったのかも?
「笑っている時のほうが良い動きができる」
ってグレッグ先生がおっしゃっていたのを思い出しました。

やってみる時は
左手での調整が全く効かないレベルまで変えるのがポイントです♪
面白かったですよ^^

☆関連記事☆

ミスしても音楽し続けられるヒント。~①キャシー先生 - いつもどこかに痛みを感じるバイオリン弾きのためのブログ