読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもどこかに痛みを感じるバイオリン弾きのためのブログ

アレクサンダー・テクニークでラクになる日々

肩当ての悩み解消への道。~⑨新スペックのその後

新肩当てと新あご当て、その後の調子は?

こんにちは!バイオリンのMiyukiです。

練習、オーケストラの本番、アレクサンダーのレッスン。
色々な場面で新スペックの良さを実感しています。

慣れるまでは、今までに感じたことのない場所に
痛みを感じたりもしていました(特に右)。

そんな中、重子先生のレッスンで
「どのくらいの力が必要かな?と思いながら弾いてみて」
という実験のアイディアをいただいたりしつつ。

今までよりも少ない力で弾けることがわかってくるにつれ、
とてもラクに、出したい音が出せるようになりました。

特に左手の指先!全然痛くならないです。
嬉しい(^^)

そしてバイオリンのレッスンでも
「詰まった感じがなくなった」
「きめ細かい、繊細な音になった」
と褒めていただきましたー♡嬉しい!!

それにしても、先生が「これ(あご当て)いいね」と
試しに弾いてくださった時の私の楽器の音ときたら、
眠っているポテンシャルに驚くばかりでしたけどね…(^^;
そんなに鳴るんだったか。がんばる。

というわけで、ブリッジ型肩当てとは宣言通りサヨナラできました!

腕の動きが変われば、肩当て自体ともサヨナラできるのでは?
という長期計画も温めつつ。
また変化があったらレポートいたしますね♪