読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもどこかに痛みを感じるバイオリン弾きのためのブログ

アレクサンダー・テクニークでラクになる日々

いつも、望みから出発する

授業レポート 日常の動作

「左右同じに叩きたい」
の先に、どんな望みがあるでしょう?

こんにちは!Miyukiです。

「左右交互に速く叩きたいんだけど
左のほうが遅くて、左右同じにしたい」
というドラマーさん。

情報収集のために質問する中で
「どうして速く叩きたいんですか?」
「速いとカッコいい。男のロマンです」
というやりとりがありました。

そこで提案されたのは

男のロマンのために
頭が動けて自分全体で座って
股関節も座骨もロマンのため!
左右の手もロマンのため!
動きと、それから音も左右同じにしよう』

とっても上手くいきましたとさ♪


さて。
お料理をしていてふと
このレッスンを思い出しました。

材料を切る時に
「なにもこんなに力を使わなくても…」
と思うことが度々あるので
色々工夫していたけれど

そういえば
どうして包丁をラクに使いたいの?

…そっか。

『美味しい豚汁を作るために
頭が動けて自分全体がついてって
自分の前にある大根を見て
どのくらいの力が必要かな?と思いながら
切ろう』

この方がずっと楽しいし、動きやすかったです♪

そして美味しい豚汁
自分の健康や幸せのため!
という大きな望みも思い出せました。


その悩みが解決することで
どんな望みが叶いますか?