読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもどこかに痛みを感じるバイオリン弾きのためのブログ

アレクサンダー・テクニークでラクになる日々

小指薬指のパワーを生むボディマッピング

伸ばしても届かない。
押さえる力が足りない。

そんな悩みが解決したきっかけは
ドラマーさんのレッスンでした。

こんにちは!バイオリンのMiyukiです。

ドラマーさんのお悩みは
スティックの握り方。
叩き続けていると手首が痛いのだそうです。

由香先生の提案は
「握る時、小指薬指が
ひじの方に向かう」

指を曲げるためについている筋肉の方へ
向けた方が効率的だからです。

指の筋肉は、遠隔操作。
例えば、ひじ付近から始まり前腕を通り
手首のところで枝分かれして
親指以外の4本に行く筋肉がありますが

もし、パワーを生む太い筋肉を
指自体につけてしまったら
繊細な動きができないので
そうなっています。
(画像を見たくなった方は
「指 屈筋」で検索を☆)


「これは使えそうです!」と喜ぶドラマーさん。
なるほどー、と自分の左手を見ていて
ハッと気がつきました。

私の小指薬指は、ほんの少しだけど
ひじでなく親指方向に向かっています。
そして、ひじに向かわせてみると
動かしやすい。

…ひょっとしてこれは
バイオリンでも使えるかも!

後で試してみたら、予想通り。
遠くまで届くしパワーは増すし
それぞれが独立して動けるから指も回ります。

このちょっとした向きの違いで生まれた距離を
手首や肩で補っていたから
左腕全体が大変だったんだなぁ…。

ほんのちょっとしたことで
演奏が変わるのが毎回面白いです♪

そして、楽器を持って行かなかった日にさえ
演奏のアイディアが持って帰れちゃう楽しさ。
ボディチャンスに来てよかったです^^

<関連記事>

vnmiyuki.hatenablog.com