読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもどこかに痛みを感じるバイオリン弾きのためのブログ

アレクサンダー・テクニークでラクになる日々

こんなにラクに弾ける、そのヒミツ♪

まるで弓を持っていないみたいに軽い!
なのに出したい音が勝手に出ている?!
レッスンでそんな体験をすることがあります。

こんにちは!バイオリンのMiyukiです。

弓が軽く感じるのは、力が抜けたから?
いいえ。必要なだけの力を使うようになったからです。

じゃあどうして今まで
ガチガチに力を入れて頑張っていたのでしょうか?

頑張らなきゃいけなかったのには、理由があります。
「必要なだけ」って何なのか、知らなかったからなんです。

前回の「かがんだところから起き上がる」を例にとって
説明しますね。

起き上がるために必要な筋肉がわからないので
「首も背中も腰もとりあえず全部使っておこう」
と思ってやってみると

起き上がることはできます。
なので、さしあたりそれを続けてしまいます。

やがて痛みが出てきたりします。
でも全部必要だと思ってやっていることだから
なんで痛いのかもわからないし
やりすぎをやめることも、なかなかできません。

そんな時、BODYCHANCEでレッスンを受けると
「腰回りとお尻の筋肉でできますよ」と教えてもらえます。

そうだったんだ!と思ってやってみると…
あれ?めっちゃラクにできた♪となるわけです。

「必要なだけ」って何か知らなかったから
とりあえず10コやっておいていたことを
1コだけでいいんだって知ったら
残りの9コはやらなくてよくなりますよね?

「まるで弓を持っていないみたいに軽い!」
という体験ができるヒミツは、そこにあるようです(^^)

「目的に至る手段はこれ!」と納得できて
自分ひとりでもできるようになっていくところが
BODYCHANCEのレッスンの楽しいところ。

そんなレッスンを、いつか私もしたいです♪