読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもどこかに痛みを感じるバイオリン弾きのためのブログ

アレクサンダー・テクニークでラクになる日々

「楽器」?それとも「私のバイオリン」?②

キャシー先生合宿2014

 キャシー先生の合宿で
「私の~」と言ったら動きが変わるのを見ました。

こんにちは!バイオリンのMiyukiです。

太極拳でもっと滑らかに動きたい、というメンバーに
「動く時に何を考えているか
全部口に出しながら動いてみて」とキャシー先生が言いました。

「まず右足を上げて右を向いて、次に…」みたいなことです。

すると、動きの途中で「腕が上に上がる」と言ったとき
身体が固まってしまうようでした。

そこで先生は次に
「私が私の腕を動かす
って言ってみたらどうなるかしら」と提案しました。

英語を使って詳しく言うと
the arm の代わりに my arm
The arms go up. の代わりに I move my arms upward.
と言ってみる実験です。

言葉を変えただけですよね。
でも驚いたことに
「私の腕を上に上げる」と言った時の動きはとてもスムーズになり
そう言っている声まで良くなりました!

「腕が上がる」だと、なんだかミステリアス。
まるでひとりでに起きることのような感じがしますが

「私が私の腕を動かす」なら
誰が何をどうするのか、ハッキリしています。
自分の意志の明確さが、スムーズな動きにつながったのです。


「私の~」って言ったら、どんなことが起きるでしょう?


「私のサーカス、私の猿」。
「私の音楽、私のバイオリン」。
前回のお話に戻ります♪