読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもどこかに痛みを感じるバイオリン弾きのためのブログ

アレクサンダー・テクニークでラクになる日々

『速い音』で、音程自由自在!~ケン先生

「『高い音』を『速い音』って呼んでみて」
ケン先生が言いました。

…『速い音』?

こんにちは!バイオリンのMiyukiです。

試してみたホルン吹きさん。
高音がバッチリ当たりました!

別の日。歌い手さんとのレッスンでは、
五線と音符をホワイトボードに書き
「この音からこの音に行く時は?」「速い音」
「じゃあこの音からこの音は?」「遅い音」
などと言う練習をしてから歌ってみました。

これまたバッチリ!

なぜ??


高い音を出すためには
管楽器なら唇、歌なら声帯が
狭い状態で振動する必要があります。

狭いところを通すには、速い息が必要です。

「高い音」よりも
「速い音」と呼んだ方が
物理的にやる必要があることにマッチしているから

身体が思った通りに動いて
速い息を出すことができて
上手く行ったのですね。

呼び名を変えるだけで
音程のコントロールが自由自在になるかも?!
ぜひ試してみてください♪

☆『速い音』を助けてくれるボディマッピングこちらバジル先生の記事です☆