読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもどこかに痛みを感じるバイオリン弾きのためのブログ

アレクサンダー・テクニークでラクになる日々

弓を張る動きが演奏に影響を与えていた!~由香先生

ボディマッピング 授業レポート

由香先生のBody Thinkingクラス。
授業レポートの続きです
(前回の記事はこちら)。

こんにちは!バイオリンのMiyukiです。

楽器を準備する動作のうち
私は弓を張るところを見ていただきました。

メインキャストの関節は、ひじ。
弓を持ち上げるから、肩も。

そしてメインキャストの筋肉については
新しい情報が。

「ひじの回転は、二頭筋の仕事」
というのを知らなかったのです。
ひじから下ばかり意識していました。

二頭筋がついているのは上腕。
そのあたりを意識して弓を張ってみると
とてもラクです。

もうひとつ由香先生が注目したのは、
弓を自分の前に持ってくる動き。

「大胸筋がやると思ってみて!」

…?!
なんだかよくわからなかったので
最終的に「バストアップ」を意識してみました(笑)

すると、弓を張るのがさらにラクに!
なぜ??

腕を前にやると同時に起こりがちな動きとして
「肋骨を引っ込める」というのがあります。
そうすると、腕の動きが妨げられます。

実験してみましょう。

①特に何も考えず、バイオリンを弾くマネをする。
 肩の上下、ひじの上下、両腕を交差させる動きなど。

②胸のあたりをちょっと後ろに下にやって同じ動作を。

②は、腕が動かしづらい…。

もちろん楽器を弾く時に、
「胸のあたりを後ろ、下にやろう」なんて思ってませんが(笑)

弓を張るために自分の前に持ってくるのも
楽器をかまえるのも
どちらも同じ、「物を持ち上げて自分の方に持ってくる」動きです。

もし、楽器を弾く準備をするたびに
腕の動きをジャマするような動作をしていたとしたら?

演奏に影響を与えても、おかしくありません。

怖ーい!!

由香先生のアドバイスは
「楽器を準備するプロセスの中で、今日取り上げたものに来たら
必ずそこだけ丁寧にやる」です。

「頭が動けて自分が全部ついてきて
大胸筋と三頭筋で弓を持ち上げて
二頭筋も使ってひじを回転させて
弓を張る。」

…やります!