読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもどこかに痛みを感じるバイオリン弾きのためのブログ

アレクサンダー・テクニークでラクになる日々

上達への意外な近道。~グレッグ先生

授業レポート ミスしても音楽し続けられる グレッグ先生 うまくなりたい!

昨年初めてお会いして、
その知性と茶目っ気とレッスンの効き具合に
すっかり参ってしまったグレッグ先生。

今年もオーストラリアからやってきて、
たくさんの学びを残してくださいました。

こんにちは!バイオリンのMiyukiです。

「音楽家は特に覚えておくといい」
と先生がおっしゃる、
上達へのカギを今日はご紹介します。

それは、
「遊びを許しておけばおくほど、理想に近づく」
というもの。
(「遊び」はvariabilityの意訳です。「変化の余地」とも。)

進んで行きたい理想の道があったとき、
最初はあっちこっちに大きく外れてしまいますが、
外れることを許しておけば、
その振れ幅がどんどん小さくなっていき、

いつの間にか、
気が付けば、
理想の道を歩いているのだそうです。

ところが
力づくでやろうとしすぎたり
正しい・間違っているという基準で進めていったりすると、

振れ幅が少ないために
理想の道をかすりもしないまま
別の道を行くことになってしまいます。

これってつまり、
「音の間違いを許せば許すほど、上手くなる」
ということなんです。

↑ドキっ!
「上手く弾かなくちゃ」「間違えたくない」
…演奏する時の私の気持ちを
グレッグ先生は見抜いていました。

間違えることが上達の近道だなんて
なんだか皮肉だけれど。

それならば、と今日は
音を外すたびに
「近道!」
と思いながら弾きました(笑)

そうしたらどんどん楽しくなって、
出したい音が出せるようになりました。

幸せな音楽生活のアイディアが、またひとつ増えました♪