いつもどこかに痛みを感じるバイオリン弾きのためのブログ

アレクサンダー・テクニークでラクになる日々

自分という聴衆

こんにちは!バイオリンのMiyukiです。

今日の練習は、いつもと違いました。

音を外すことはたくさんあって
「うっ」となることもあったし

アレクサンダー・テクニークを使った実験をして
これまた上手く行かなかったりもしたのですが。

「ここができていないから練習しなくては!」
というネガティブな気持ちが、出てこないのです。

「うん、今のはやりたいことと違ったよね」
「次はこうしてみよう」
とだけ思って、どんどん進んでいきます。

思い当る理由があります。

大好きな曲を、聴きたい。
だから弾く。

その気持ちに、いつも戻ってくることができたからです。

望んだとおりの音が出ると
なんていい曲なんだろうって思えて。

とても幸せになりました。

一緒に演奏しているメンバーや
コンサートホールいっぱいの聴衆をイメージする
練習方法もあるけれど。

私が必要としているのは
大好きな音楽を聴きたい!ということだから、
それを満たすために演奏する。

そんな新しいアイディアを試せて、楽しかったです♪

関連記事:なぜ、音楽?~キャシー先生の質問

 

広告を非表示にする