読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもどこかに痛みを感じるバイオリン弾きのためのブログ

アレクサンダー・テクニークでラクになる日々

重音が取り放題になるボディマッピング

ボディマッピング

今取り組んでいる曲は、まるで重音祭り。
でも今回ご紹介するアイディアで、すいすい取れますよ♪

こんにちは!バイオリンのMiyukiです。

重音とは
2つ(以上)の弦を同時に鳴らすこと。

その時の左手指のフォーメーションは、様々。
あれとあれはくっつき、これとこれは離れ、
互い違いになったかと思ったら
一本だけやたら遠くに伸ばさないといけない…など。

形によっては本当にツラくて、
これは手首を痛めるかもしれない…
という危機を久々に感じ、
ジェレミー先生に見ていただきました。

そして、痛みは消え去りました!バンザイ!

そんな魔法のようなボディマッピングとは。

やりたいことは、
指と指の間を開くことですよね。
以下の2つを比べてみてください。

①「とにかく指を広げよう」と思ってやってみる。えいっ!
…この時の指同士の距離と、
かかった労力を覚えておいてくださいね。

②「手のひらも指」を思い出して、
 「手のひらの中にある骨と骨の間を広げよう」
 と思ってやってみる。

いかがですか?

①では
手のひらや指が反って、つっぱってしまう人もいるかもしれません。
指だけでやろうとすると、
広げるのと伸ばすのを混同してしまうんです。
そして指を見れば、労力の割に広がっていないという残念な結果に…。

②では
「骨間筋」という筋肉が
指を隣の指から離す動きを助けてくれます。
手のひらが大きくなるような感じ。
指は勝手に広がります。

私の場合、
指の間を広げる筋肉は指についている、と誤解していたから、
「違うよ!手のひらだよ!骨間筋使って!」
というメッセージを、痛みが発してくれていたのですね。

ラクにできすぎて、レッスン後しばらくニヤニヤしてました笑

ぜひ試してみてください♪