読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもどこかに痛みを感じるバイオリン弾きのためのブログ

アレクサンダー・テクニークでラクになる日々

たどり着きたい場所にたどり着くために

こんにちは!バイオリンのMiyukiです。
今日は、ケン先生のワークショップで学んだことをシェアします。

ダイエットをしようとか、ジョギングを始めようとか。
毎日楽器を○○時間練習するぞ、とか。
新年の目標にありがちなのは、三日坊主…。

そんな時、壮大な目標ではなく
小さな目標を立てて始めるのがよい。
って、よく聞きますよね。

ここで、みなさんに質問です。
「小さな目標」って聞いたら、どんなものを思い浮かべますか?

紹介していただいたアイディアが、新しかった!

例えばジョギングを始めるための小さな目標は、
「玄関にジョギングシューズを置く」が正解。

…えー!そんなこと?!

ケン先生の解説はこちら:

目をつぶっていてもできそうな、始めの一歩。
それを達成することを繰り返していると、
目標を立てて達成すること自体が習慣になり、
やがて大きな目標も実現するのだそうです。

なるほどー。
それなら希望を持って進めそう。

最初の目標をどんなに小さくできるか
遊んでみるのも楽しそうですね(^^)

 

☆こちらの記事に刺激を受けて書きました☆

小さな変化はやがて望み通りの結果に繋がる | 徳川喜則の『カラダトリセツ』