読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもどこかに痛みを感じるバイオリン弾きのためのブログ

アレクサンダー・テクニークでラクになる日々

見なくても、弾けた!~手を信頼する

2014年4月17日。
初めてお目にかかるヴィヴィアン・マッキー先生。
あんなふうに自由に穏やかにパワフルに年を重ねられたら素敵です^^
パブロ・カザルスに師事された頃のお話にも、くぎづけでした。

さて、前回の続きです。
ヴィヴィアン先生が取り出したもの、それは…スカーフ。
「これで弾いてみて」と目隠しをされました(!)

いえいえそんな、弾けませんって…。

と思って弾き始めた割には意外と弾けて、なんだか楽しくなっていきました。
跳躍なんて、さっきより当たったりして。

「弓と弦との接触がよくなったね。音程もよかったわよね」
と先生。

はい。しかも、自分の音を聴くことができました。
音を聴くことで、安心感が増していきました。
別世界でした。

その時ハッと気づきました。

「ちゃんと取れるの?」「当たるかな?」
そんなふうに思いながら、左手を見ていました。
疑いや不安の気持ちで見ていたのです。

そう伝えると、先生がおっしゃいました。
「指一本一本に、脳の出張所があると言われているの。
指は知ってるんだから、信頼しなさい。」

疑ってごめん、指!
という気分になったレッスンでした。

それにしても、
見ることと信頼することには、深いつながりがありそうです。

「見ること」に関する学びも、少しずつまとめていきたいと思います。

追記:
『見なくても、弾けた!②』をアップしました。
こちらからどうぞ。