いつもどこかに痛みを感じるバイオリン弾きのためのブログ

アレクサンダー・テクニークでラクになる日々

明日は発表会。

2014年4月20日。
バイオリンの先生の門下生発表会に出演させていただきました。

アレクサンダー・テクニークを駆使して臨みました。
結果、とても楽しく演奏でき、充実感でいっぱいです。

というわけで、
発表会を振り返って、役に立ったプランをシェアしたいと思います。
まずは、前日のことです。

練習ができる時間に帰りました。
練習する気まんまんで帰りました。

でも、とても疲れていたのです。

さあどうしよう。
以前の私なら、「前日弾かないなんてあり得ないから!」と
ムリに練習していたことでしょう。
そして、練習したという事実はあっても、実りはそれほどなかったでしょう。

今の私は、自分の面倒を見ることの大切さを知っています。
自分が元気じゃなかったら、楽しいはずのことも楽しくないのです。

なので、「早く寝る」を選択しました。
ただし、「有言実行プラン」だけは、やっておくことに。
(クラスメイトの石川一郎さんのアイディアです!↓)

《計画をつくる》と《実行に移す》で演奏が変わります。2つまとめてトレーニングできる「有言実行」の秘密 | バイオリン応援団*痛みのない姿勢が見つかる教室

 <発表会でしたいこと>と題して、書き出しました。
◎頭、自分全部(カラダ、ココロ、ハート)
◎贈り物を届けてまわる
◎準備の時間は短く
◎手を信頼する
◎ステージに向かって歩いている私になる
◎演奏している私になる

☆最近学んだものも多いので、追って解説いたします☆

それを楽譜に貼って、寝ました。

次回、当日朝編に続きます。

広告を非表示にする