読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもどこかに痛みを感じるバイオリン弾きのためのブログ

アレクサンダー・テクニークでラクになる日々

使えるプランだらけ♪~江利子先生個人レッスン②

授業レポート ラクに弾く

多すぎて、箇条書き!
提案していただいたアイディアを一気にご紹介します。

◎楽器を持ち上げる時、かまえる時に、どうしたいか考えて。

◎腕は長い。肩甲骨は外側に行ける。

◎細かい音符が続くところは脚を仲間に入れると良い。

◎手の骨はいっぱいある。手首も動ける。

◎この曲は、どんな曲?何を表現したい?

◎どういう音にしたいか、ことばにしてみて。

◎色気、出しちゃえ!(笑)
 (↑あ、クライスラーの曲なので…)

結果、
手の動きが自由になりました。
肩甲骨のことを思い出したら背中の左右がつながって広くなりました。
曲中で「ここが素敵!」と思う所を自分で聴きながら演奏しよう!と思いました。

ひとつひとつ納得できるよう、丁寧に教えていただきました。
演奏がますます楽しくなりそうです♪

江利子さんが早く資格を取って
たくさんの人の演奏を楽しくしてくれますように☆