読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもどこかに痛みを感じるバイオリン弾きのためのブログ

アレクサンダー・テクニークでラクになる日々

4の指がラクにとれるボディマッピング ①親指

ボディマッピング

私の手は、小さ目です。
小指は、えいっ!とやらないと届かないと思っていました。
当然、たびたび痛みがあったわけですが。

ボディマッピングを学ぶにつれ、
もうそんなムリをしなくていいんだとわかってきました。

まずは弾く時のプランをご紹介します。
それは「左手で楽器をしっかり握ろう」。

えー、プランに指が登場してませんけど…。

実は親指を握った感じにしておくことが、
小指で押える動作を助けてくれます。
どうしてでしょう?

手の甲側を見てください。
指を脱力した状態から、親指を握って手のひらに持って行ってみます。
そのとき、手の小指側に注目してみると。
親指側に近づいてくるのです(そういう筋肉がついています)。

小指をピンと伸ばしていると、この動きは起きにくいようです。
曲げすぎてもイマイチ。
若干曲げたぐらいのときが一番…

…それってまさに、4をとるときの感じ!

というわけで、実験してみました。
ハイポジションで4をとるために>
(頭が動けて自分が全部ついてきて)
「左手で楽器をしっかり握ろう」

高いポジションに行っても4が安定♪
少ない力で押さえられるようになりました。

ぜひ試してみてください^^