読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもどこかに痛みを感じるバイオリン弾きのためのブログ

アレクサンダー・テクニークでラクになる日々

曲全体にも、動詞を。~お悩み解決編

「動詞を細かく考えすぎたせいか演奏中とても忙しくて大変になってしまって…」 とお悩みのピアニストさんにキャシー先生は練習の組み立て方をアドバイスしてくださいました。 こんにちは!バイオリンのMiyukiです。 ピアニストさんはあらかじめ聴衆をお誘い…

不安も解消!動詞の威力

動詞を詳細に具体化したら演奏が変化していきしかも不安まで解消したのです♪ こんにちは!バイオリンのMiyukiです。 ホルン吹きさんの相談はアンサンブルでの一音目が不安ということ。 この日は金管奏者がたくさんいたのでみんな楽器を取り出して輪になって…

ウォームアップは何のためにするの?

どんなこと考えて、ウォームアップしてますか?レベルをキープするため?やっておかないとマズいから? こんにちは!バイオリンのMiyukiです。 キャシー先生によればウォームアップの主な目的は以下の3つ。 1 難しいところでも自信が持てるようにリハーサル…

「動詞を思う」練習法♪

キャシー先生来日中!授業レポートをお届けしていきますね♪ こんにちは!バイオリンのMiyukiです。 キャシー先生といえばアメリカで名高い演劇学部でも教えていらっしゃるパフォーマンスコーチの達人。音楽家にも役立つ極意を教えてくださいます。 中でも特…

曲に命を吹き込むってこういうことだと思った。

奏者が音にして初めて譜面は音楽になって人に届く。曲に命を吹き込むってこういうことなんだ!って思えた演奏会の帰り道は、音楽家への敬意と、生み出された音楽を旅した満足感でいっぱい。聴衆として心地よくいられるようになった自分の変化も嬉しい。以前…

音を間違えたからってこの世の終わりじゃない。

先生の指摘をもっと演奏に活かしたくて、考えました。 こんにちは!バイオリンのMiyukiです。 レッスンでスケールを弾いた時のことです。音程が「低い」と先生に言われた瞬間(ダメじゃん…)という気持ちになり身体を縮めたことに気づきました。 「もう一回…

物理的に不可能なことは思っちゃダメ!~歌い手さんの場合

身体の仕組みは、知れば知るほどワクワクします。キャシー先生のレッスンで、また新しい知識が増えました。 こんにちは!バイオリンのMiyukiです。 歌い手さんのレッスンで音楽のストーリーを確認していたときのことです。 先生:「彼はどこにいるの?」歌い…

恋人の名を呼ぶ理由は?~動詞を思って歌う♪

素敵な歌声を聞くことができてとても楽しかったキャシー先生のレッスンをレポートします。 こんにちは!バイオリンのMiyukiです。 曲は歌劇リゴレットより、恋人の名を呼ぶシーンということで「恋人の名前を呼ぶ理由は?」と尋ねるキャシー先生。「ここに来…

百万通りの正解。

正しいやり方は、百万通りある。(キャシー先生) この言葉を洋食屋さんで思い出しました。 こんにちは!バイオリンのMiyukiです。 座った席は、シェフたちの目の前でした。 私は、ものが作られるところを見るのが大好きです。ピザ屋さんやインド料理屋さん…

何にYesと言おう?~キャシー先生

キャシー先生、来日中!今年最初のクラスに出席しました。 こんにちは!バイオリンのMiyukiです。 その日はなんだかクラスにいるだけで楽しくて何をしようか思いつかなくてみんなのアクティビティをただただ見ていました。 「そういうときにたくさん学べるも…